アレルギーは花粉症だけとは限らず、卵や小麦粉の様な食品でも発症することがあります。
また、その症状は鼻水やくしゃみ、咳だけでなくアレルギー性湿疹として皮膚に何らかの異常を起こすこともあるので注意しましょう。

では、アレルギー症状に効果のあるアレグラはアレルギー性湿疹にも効果を発揮することが出来るのでしょう。

結論を先に述べれば、効果はあります。

アレルギー反応は体の外から入ってくるウィルスなどの侵入を防いだりする免疫反応が、花粉やダニ、卵の様なアレルギー物質となり得る物質に対し過剰に免疫反応を起こすことにあります。

アレグラの主成分にフェキソフェナジン塩酸塩がありますが、これはアレルギー物質に対し過剰に免疫反応を起こす原因ともいえるヒスタミン受容体の動きを抑えることで、アレルギー症状の緩和をすることが出来ます。

そしてアレルギー症状には鼻水が出る様なアレルギー性鼻炎だけでなく、アレルギー性湿疹もあるので、こちらにも緩和の効果を発揮することが出来るのです。

ここで1つ間違った使い方があり、アレグラを先に服用していればアレルギー症状が出にくくなるのか、ということです。

先述しましたが、アレグラは体内に侵入して来たアレルギー物質に対し過剰に免疫反応を起こすヒスタミン受容体に対し効果があるのであって、先に服用したからといって効果を発揮するわけではありません。

アレルギー症状を抑えたいのなら抗アレルギー薬を服用し、ヒスタミンの発生を抑えることでアレルギー症状を抑えることが出来ます。

アレグラは卵の様な食品に関するアレルギー性湿疹にも効果がある、と書きましたが、食品のアレルギーはアナフィラキシーショックを引き起こす場合もあり、危険とも言えます。

そのため、アレルギー性湿疹が出た場合は、とりあえず症状を抑える方法としてアレグラを服用しても良いですが、必ずかかりつけ医で診察して下さい。