花粉やダニ、ほこりなどによって起こるアレルギー性鼻炎は、特定の季節だけ症状が出る人や1年中症状が出てしまう人など、様々です。

アレルギー性鼻炎薬として販売されているのが、アレグラです。
市販されているアレグラは、第一類医薬品の為、薬剤師が常駐している薬局でないと販売する事ができないので、注意しましょう。

アレグラの効果は、アレルギー性鼻炎の症状緩和、皮膚炎などの皮膚疾患緩和などです。
アレルギー症状の原因となるヒスタミンを抑制する効果があります。

ヒスタミンを抑制することで、くしゃみや鼻水、目の痒みなどを緩和させることができます。

しかし、ヒスタミンを抑制する薬は、様々な症状を緩和させることができますが、口やのどの乾き、眠気、倦怠感などの副作用を起こしやすいのです。
集中力が散漫になりやすくなることもあります。

アレグラは、抗ヒスタミン薬の中でも副作用が少なく、口の乾きや眠くなりにくいとして人気があります。

まれに、頭痛や吐き気などの症状が出る場合もありますので、注意が必要です。
副作用には個人差があるので、そういった症状があらわれた場合はすぐ医師に相談することが大切です。

アレグラは副作用が少ない代わりに効果も弱め?

アレグラは花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状が出てしまってから飲んでも、高い効果を発揮することができません。

抗ヒスタミン薬の中で、もっとも副作用が少ない分、期待できる効果が小さいのです。
症状がひどくなってから服用しても、即効性がないのです。

ただし、薬の効き目がないというわけではありません。

アレグラを上手に服用する為には、症状が出る前から継続的に服用し、アレルギー性鼻炎を予防する、症状をおさえるというような心構えを持って服用することが大切です。